肌のかゆみが起きる理由

肌のかゆみが起きる理由は、色々ありますが、一番多いのが乾燥です。冬になると肌がかゆくなるのは、乾燥が原因です。かゆみの原因で最も多いのが乾燥で、中高年になると肌の保湿が低下するので、特にかゆみが起きやすいです。乾燥肌にならないようにするには、普段の日常のスキンケアが大事です。特に皮脂が少ない場所は乾燥しやすいので、保湿は必須です。脛などがかゆくなるのは、乾燥しているサインで、目元、口元がかさつく場合も乾燥している証拠になります。乾燥状態を放置すると肌の老化が進むので、保湿をしっかりしましょう。肌のかゆみが起きる理由は、アトピー肌もあります。アトピーは、慢性の肌荒れ状態を示していて、かゆみを感じる神経が表皮の近くまで伸びてきているので、普通の肌よりもかゆみを強く感じます。肌をかくと、かゆみの原因となるヒスタミンを誘発する物質が出るので、益々かゆみを増強することになり、悪循環になります。そのため、かきむしるのは厳禁で、すぐに保湿剤を塗ったり、かゆみ止めの薬を使用し、できるだけ刺激しないようにしないといけません。

頭皮のかゆみ予防法